「谷川俊太郎」タグアーカイブ

かすかな光へ

IMG_0869

今日の朝日新聞にノーベル賞で話題のオワンクラゲの写真ときのことも関わりの深い谷川俊太郎さんの詩が掲載されていましたので紹介させて頂きます。

かすかな光へ

谷川俊太郎

あかんぼは歯のない口でなめる

やわらかい小さな手でさわる

なめることさわることのうちに

すでに学びがひそんでいて

あかんぼは嬉しそうに笑っている

言葉より先に 文字よりも前に

波立つ心にささやかな何故?が芽ばえる

何故どうしての木は枝葉を茂らせ

花を咲かせ四方八方根をはって

決して枯れずに実りを待つ

子どもは意味なく駆け出して

つまづきころび泣きわめく

にじむ血に誰のせいにもできぬ痛みに

すでに学びがかくれていて

子どもはけろりと泣きやんでいる

私たちは知りたがる動物だ

たとえ理由は何ひとつなくても

何の役にも立たなくても知りたがり

どこまでも闇を手探りし問いつづけ

かすかな光へと進む道の疲れを喜びに変える

老人は五感のもたらす喜怒哀楽に学んできた

際限のない言葉の列に学んできた

変幻する万象に学んできた

そしていま自分の無知に学んでいる

世界とおのが心の限りない広さ深さを

・写真は新聞に掲載されているものとは異なります。