愛しの街ボローニャ


きのこ留学より戻ってきて一ヶ月とちょっとが過ぎました。このプロジェクトの主要な方たちが来日されて再びあうことができてそのきのこはボローニャという街がとても愛おしいものとなっていると感じています。きのこでボローニャを表現することができないかしら?

竹林にて

竹はとても東洋を感じさせるのだそうです。竹を見上げるジョアンさん!道端のお地蔵さんに興味津々の様子でした。

イタリアよりのお客様

イタリアでお世話になったEta Betaのジョアンさんとジョバンナさんがそのきのこの住む滋賀にも来てくださいました。ほんの一瞬のきれいな夕暮れを一緒に見られる不思議を感じた夕暮れでした。なんとも素敵なご夫婦です。

竹の花

竹の種類によって開花周期に幅が見られるが、一般にはおおよそ60年から120年周期であると考えられている。

近くの竹林が枯れているとのことで、竹林保存会の菌友より竹の花を頂きました。60〜120年に一回しか咲かないのですって。とっても貴重な体験です。

The blog of the fungus, by the fungus, for the fungus