「羊毛」タグアーカイブ

Where is forest?

IMG_0033

IMG_0035

IMG_0036

むかし昔、冬のさなかのことでした。雪がふわりふわりと、空からまいおりてきました。そのときどこやらの国の王さまの
おきさきが、黒檀の枠の窓ぎわに腰をおろして、針しごとをしていました。ところがこうやって縫い物をしながら、雪を見上げたとたんに、おきさきは、ちくりっと、針で指をつっ突いて、血が三滴、ぽたりぽたりと雪のなかへ垂れました。すると、雪のなかにおちたその赤い色が、みたところ、いかにも美くしかったので、おきさきは、「雪のように白く、血のように赤く、窓わくの木のように黒いこどもがあったら、さぞうれしいでしょうにね」と、ひとりでかんがえてみました。