「イベント」タグアーカイブ

イリアス企画展 ~book’s friends~  「第4回 ほとんどきのこ展


「ほとんどきのこ展」

2015.4/16(木)~5/12(火)
最終日15時まで。(イベントスペースのみ)

会期中のお休み 4/22(水)、4/28(火)、5/7(木)

「不忍ブックストリートweek」に合わせて集めた「本ときのこ」をテーマにした展示です。
キノコ多め、というより「ほとんどきのこ」です。。
・イリアスセレクト・作家オリジナルなど
【本関連】
ブックカバー、栞、蔵書票(印)、豆本、ルーペ、ペーパーウエイト、ブックエンドなど。。。
【きのこ関連】
アクセサリー、服飾小物、オブジェ作品、インテリア雑貨・きのこ本、CDなど。。。

<参加作家 敬称略、順不等>
アキラクラフト、atelier grasshopper、アトリエまるしおん、岩里藁人、大野博之
OBA、oba:oba、カエル工房、片山周子、川口喜久雄、きのこまだむ、kinoko-mono
金魚七宝店、KUROHIGE、小梅雑貨店、さかいあいも、櫻木すずな、ささきもと子
JEUJYEI、せんだふみ、髙松ひとみ、竹村東代子、辻恵子、shima.shima
中川久美子、長瀬清美、日本物怪観光、GINZA HAKKO木の香、林早苗、hicobochi
ピチオキャンドル、深沢和美、堀田真澄、mushroom_room、丸山いくこ
水野真帆、村瀬夏子、ムラタカオリ、もわもわびより、吉田稔美、liquarice、wabi工房
リマコナ。。。。など

とよ田キノ子、飯沢耕太郎、堀博美などなどの「きのこ本」も並びます!

千葉菌類談話会 北川公子さんコレクションのポストカードなど。

詳細はこちらでご覧ください。

きのこイベント

素敵なきのこのイベントのお知らせです、武蔵野市立吉祥寺美術館で開催されます。詳細はこちらでご覧ください

小林路子の菌類画 きのこ・イロ・イロ
2015年4月4日(土)~5月17日(日)
会期中の休館日:4月30日(木)

小林路子は「きのこ」を描き続けています。
 1986年、書籍『キノコの不思議』(森毅編、光文社)の挿絵の仕事を機に、その魅力にとりつかれ、以来約30年間、山野に通い、「きのこ」を探し、絵に描く、という暮らしを重ねてきました。多種多様な「きのこ」と出会い、その一体一体と忠実に向き合い続けることで、緻密で類まれなる「きのこ」画の世界を築き上げた小林は、現在、日本の菌類画の第一人者ともいえる存在です。長年の観察と蓄積された知識にもとづくその描写はまた、学術界からも認められ、植物・菌類図譜の世界的コレクションを誇るイギリスのキュー王立植物園にも作品の一部が収蔵されています。
「ボタニカル(=植物の)・アート」とは一味異なる菌類画のテイスト。迫真的で幻想的で魅惑的な「きのこ」の森の入口へと皆さまをお招きします。

*吹春先生より教えて頂きました、ありがとうございました!

N▲TSUKO. presents 暮らしを豊かにするキノコのセレクトショップ「Quirp(クイルプ)

N▲TSUKO. presents 暮らしを豊かにするキノコのセレクトショップ「Quirp(クイルプ)」を期間限定でオープンします!!
キノコの魅力に取り憑かれたキノコガール N▲TSUKO. が、大阪・阿倍野のアートスペース+ギャラリー「あべのま」を、キノコいっぱいの素敵ノコな空間にプロデュース。
木彫、陶芸、刺繍 etc…様々なジャンルの作家たちが作り出す、キノコをモチーフとした作品をセレクトし、展示販売します。
是非、「あべのま」でキノコ狩りをお楽しみ下さい*(プレス文より)

会期|2014年10月10日(菌)~11月2日(日) の 毎週 菌・土・日曜日

時間|13:00~19:00

会場|あべのま(アートスペース+ギャラリー) 大阪市阿倍野区阿倍野筋4−23−17

*詳細などはこちらをごらんください。

なんと菌と土と日曜日なんですってお間違えなくね!クイルプクイルプ!

『フングス・マギクス 精選きのこ文学渉猟』(飯沢耕太郎著 東洋書林)刊行記念 飯沢耕太郎氏トーク&サイン会

日時:2012年12月7日(金)19:30~20:30
場所:蔦屋代官山店1号館1階ブックフロア
150-0013東京都渋谷区猿楽町17-5代官山蔦屋書店
03-3770-2525(問い合わせ先)

<イベント内容紹介>
秋も深まり、今年はいろいろな場所できのこ関係のイベントが行われています。
その掉尾を飾るのが、新著『フングス・マギクス 精選きのこ文学渉猟』(東洋書林)の刊行に合わせた飯沢耕太郎氏のトーク+サイン会です。
飯沢氏は写真評論家として活動しながら、近年は「きのこ文学研究家」として毎年のように著書を刊行し、きのこカルチャーの世界に話題を提供し続けています。
新著のタイトルの『フングス・マギクス』とは、ラテン語で「魔法のきのこ(マジカル・マッシュルーム)」という意味。
古今東西の「きのこ文学」を読み解きながら、きのこを触媒にした文学者たちの想像力の系譜を探っていきます。
ロシア、富士山麓など、実際のきのこ狩りの体験も踏まえた絶妙のトークをお楽しみ下さい。
店内でのイベントです。40分ほどのトークの部はご参加無料ですが、ご予約を頂いております。終了後のサイン会の部は要整理券です。下記ご参加方法をお読みください。
また、飯沢耕太郎監修の『少女系きのこ図鑑』(玉木えみ著 DU BOOKS)につきましても、今回の対象本となります。

<ご参加方法>
2012年11月24日(土)朝7時より、代官山 蔦屋書店 一号館一階レジカウンターもしくはお電話にて、参加の予約を承ります。
ミニトーク終了後にサイン会がございます。おなじく11月24日(土)より代官山 一号館一階レジカウンターにて『フングス・マギクス 精選きのこ文学渉猟』(飯沢耕太郎著 東洋書林 2,520円)か、『少女系きのこ図鑑』(玉木えみ著、飯沢耕太郎監修 DU BOOKS 2,310円)をお買い上げの方に、サイン会整理券を差し上げます。
整理券は御一人一枚です。御一人で何回もサイン会列に並ぶことはできません。
今回のサイン会ではすべて、ご本にお客様のお名前入れ(為書き)をいたします。お名前入れのないサイン本はNGとさせていただきます。
古書の持ち込みはご遠慮ください。また色紙など、本以外の物へのサインはいたしかねます。
以上すべてご了承の上ご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。

すごい!「フングス・マギクス」の表紙がきれいなソライロでソライロタケのようです、そのきのこも全部は読めていませんがちびりちびりと読み進めています、何度も読むことになりそうな予感です。

飯沢耕太郎『フングス・マギクス 精選きのこ文学渉猟』刊行記念 「文学におけるきのこ料理」を耳と舌で楽しむ会

飯沢耕太郎さんが新刊を出されます!『フングス・マギクス 精選きのこ文学渉猟』(東洋書林)この刊行を記念して「文学におけるきのこ料理」トークの会を開かれます。
なんと!なんと!きのこ料理もでるんですって!すごい!

メニューの一部をご紹介(予定)
『詩人の食卓』 高橋睦郎
マハーバーラタのパンダヴァ五王子にささげる、五種類のきのこのソテー「Pandava brother’s &their princes」エスニック風。

/>
『亡命ロシア料理』
鶏肉のスメタナソース・ポルチーニ風味
マッシュルームのサラダ

『昼の家、夜の家』
クレープに包んで焼く、エノキタケのコロッケ。

日時:12月9日(日)

午後4時から
場所:ちびくろさんぼ(恵比寿駅から歩いて5分)
東京都渋谷区恵比寿南2-3-10
☎ 03-3715-2634
会費:3500円

内容:飯沢耕太郎サントーク「文学におけるきのこ料理」
おかどめぐみ子さんの文学きのこ料理
めぐみ子さんのサイト

お申し込み:ときたま
bxb06217@nifty.com

キノコナイトVol.02             (TOKYO CULTURE CULTURE)のおしらせ

◉キノコナイト Vol.02

日程:2012/11/25(日)
時間:開場17:00 開演18:00 終了20:30(予定)
場所:東京カルチャーカルチャー(お台場)
前売券/¥2000 (その他飲食代は別途、きのこストラップお土産付き♪)
当日券/¥2500
※前売券はイープラスにて発売中!
もしくは、メールでも受け付けております。
以下のアドレスまでお申込みください。
メール:toyodakinoko[at]gmail.com
([at]→@)

大阪で「マッシュルームナイト」

まぁ!大阪で!
「マッシュルームナイト」ですって!昨年、東京・恵比寿トラウマリスで開催されて大好評だった「マッシュルームナイト」を、ヴァージョンアップして大阪でやられるのですって。
2月24日(金)19:30~ スタンダードブックストア心斎橋店
詳細はこちらです

なんとなんと!きのこのライブペインティングあり、rimaconaさんのきのこソングミニ・コンサートもあり。ですって!!!

飯沢耕太郎の「キノコ狩ルチャー」Vol.2

「飯沢耕太郎の『キノコ狩ルチャー』Vol.2」ですって!
なんと飯沢耕太郎さまご本人より案内メールをいただきました!このブログ、やっててよかった!そのきのこは行きます。完全に行きます。渋谷まで。

キノコの魅力に取り憑かれてしまった写真評論家の飯沢耕太郎氏が、あくまで映画・写真・アート・文学・音楽といった「文化史」の中で広範囲に菌糸を張り巡らせているキノコを発見/採取していくことで、キノコの不思議とその魅力に迫ります。今回は、12月15日に上梓される氏の新刊『きのこ文学大全』(平凡社新書)の内容にちなんで、飯沢氏によるトークショー“きのこ文学宣言”と、女優・伊勢佳世氏による“きのこ文学の朗読”の二部構成でお届け致します。 当日は泉鏡花『茸の舞姫』と宮澤賢治『朝に就いての童話的構図』を朗読していただく予定です。

    日時: 12/11(木)19:00開場/19:30開演
    出演: 飯沢耕太郎(写真評論家/『きのこ文学大全』『世界のキノコ切手』『歩くキノコ』著者)
    ゲスト: 伊勢佳世(女優)
    料金: ¥1,800(1ドリンク付)*メール予約できます
    場所: 渋谷UPLINK

★『きのこ文学大全』先行発売あり

詳細は、http://www.uplink.co.jp/factory/log/002844.php