「とよ田キノ子」タグアーカイブ

きのこのスノードーム

004

この季節スノードームをどこへ行っても見かけますが、ついについに見つけてしまった!菌友のとよ田キノ子さん著の「きのこ」に載っていたスノードーム欲しかったんです、うれしい!きのこグッズ見つけるとニヤニヤしてしまいますが、スノードームはきのこグッズの中でも大好きなのでニヤニヤが止まりません。とよ田さんの本によるとこれはドイツの「ブルームヘン」のものだそうです。

過去のスノードームも見て下さいね。
002
このネズミとチーズときのこはオーストリアの「パージー社」製です。

001

キノコイベント!

菌友のとよ田キノ子さん主催のキノコイベントのお知らせです!詳しくは とよ田キノ子さんのblogでご覧くださいね。

お台場・キノコナイト、
好評につき 第3弾の開催が決定しました!
Vol.1・2に引き続き きのこ文学研究家・飯沢耕太郎さんとキノコに心を奪われた音楽ユニット「リマコナ」によるキノコ音楽アルバム『キノクリ キノクラ』のライブを中心に、ガルガルというキノコの魅力にとりつかれた研究者・原田栄津子さん、大人気「きのこストラップ」第3弾発売直後の奇譚クラブさん(新商品の発表もあるかも!?)をお迎えして、ますます魅力的なキノコの世界をご紹介します!
キノコ好きも、そうでない方も、楽しんでいただけるようなイベントにしますので、皆さまお誘い合わせの上、ぜひ遊びに来てください!!

うわぁうわぁ!ですってすごい!

ドキドキきのこフェスティバル2013

世界中で愛されているきのこたち。
ちょっと不思議で、でもかわいくて。
その魅力を一挙にご紹介する“きのフェス”をきのこ界のカリスマ、堀 博美さん・とよ田キノ子さんのプロデュースでおおくりします。 「少女系きのこ図鑑」玉木えみ原画展や鈴木安一郎「きのこ写真」など貴重な作品は必見。
また、“熊本きのこ文化祭”で活躍するきのこ作家・小島秋彦さん、この春惜しまれつつ閉店したきのこ専門店『ギャラリーきのこ』など、約50の作家や専門店のきのこ雑貨を販売します。
どうぞお見逃しなく。

すごいすごい!これは行かねば!

キノコナイトVol.02             (TOKYO CULTURE CULTURE)のおしらせ

◉キノコナイト Vol.02

日程:2012/11/25(日)
時間:開場17:00 開演18:00 終了20:30(予定)
場所:東京カルチャーカルチャー(お台場)
前売券/¥2000 (その他飲食代は別途、きのこストラップお土産付き♪)
当日券/¥2500
※前売券はイープラスにて発売中!
もしくは、メールでも受け付けております。
以下のアドレスまでお申込みください。
メール:toyodakinoko[at]gmail.com
([at]→@)

キノコ最前線 きのこ(乙女の玉手箱シリーズ)編


今年はなんということでしょう!
とよ田キノ子さんが きのこ(乙女の玉手箱シリーズ)を出されました!
きのこのトイレにも入ってみたいし
きのこのけんこう鈴御守だってほしいし
エリンギのアイスクリームも食べてみたいし
あぁぁ・・・もりだくさん過ぎる!

キノコ最前線 とよ田キノ子さん展

銀座で行われていた、とよ田キノ子さんの「mushroom meets girl」展!そこは菌臭漂う異空間でした。不思議な不思議な気分になる作品でした、そして久々にとよ田さんとお会いしましたが、なぜなんでしょう?ずっと前から知っているみたいな気がしてしまいます、きのこが繋いでくれるネットワークは不思議です。

kinoko20100717 015

>kinoko20100717 026

kinoko20100717 024

kinoko20100717 034

菌友のもせてさんのおすすめで手動蛇腹扉のエレベーターに乗ってみました、すっかりエレベーターに満足してしまい、コーズィーイーコーナーに寄るの忘れてしまいました。あぁ〜。

きのこのジグソーパズル

mushroom puzzle
このきのこのパズルどこで買えるのですか?っていうコメントやつぶやきを結構頂いたんです。
そしたら、素晴らしい!!!菌友のとよ田キノ子さんがどこで買えるか探しあててくださったのです!
きのこのジグソーパズルの詳細はこちらのとよ田キノ子さんのブログでご覧ください!
とよ田さんはもうポチっとされた模様です。

キノコ最前線 文學界で連載です!

文學界で飯沢耕太郎さんの連載「きのこ文学の方へ」がはじまりました。
2010年はいい風が吹いていますね~
きのこの胞子は小さい小さいですからね、飛びます、飛びますよ
きのこの胞子は小さい小さいですからね、浸透します、浸透しますよ!
あっもう2月号が出ているのですって!!!(とよ田キノ子さんのとよだのにっきで詳細を載せておられます!)

お寺できのこを

そのきのこは実はお寺に住んでいます。お寺に住まわせてもらっていて宗教って???仏教って??? 知らないことだらけです。けれどお寺に限らず教会も神社も古い建造物もホッとする大好きな場所であることだけは毎日感じています。このホッとするとか懐かしいと感じることと「菌臭」が大きく関係していることをご存知でしょうか?(詳細はこちらで)菌臭は分解のニオイです、分解のニオイは私たちが生まれるずっとずっと前の遠い深い記憶を呼び起こす不思議なニオイです。お寺という場所をあらゆる文化の発信場所として、そしてなによりこんな時代だからこそホッとできる場所であって欲しいと大真面目に考えていました。そんな時に、お寺に別の目的でお客様が来られることになり、そのきのこは強引にきのこイベントを企画しました、きのこの美しさ(動画)を見て頂き、きのこの魅力についておしゃべりさせて頂きました、勝手に企画したにも関わらず参加して下さり、たどたどしい話を暖かい目で聞いて下さり感謝でいっぱいです、ありがとうございました。
IMG_4975

翌日J先生は一夜にしてきのこ勘を発揮されました、あっ!違うか~先生きのこの声聞こえちゃったんですね!

kinoko20091216 006

そして菌友のとよ田キノ子さんの一言がきっかけになりましたこと本当にありがとうございました。