「ぐりとぐら」タグアーカイブ

キノコ最前線 松井直編

きのこを好きになって吸い寄せられるように手にするようになったのが絵本でした。そしたら松井直さんの本にも吸い寄せられてしまって・・・そしたら『ぐりとぐら』のキノコについて書かれているのを発見しました。

さし絵の中に気をつけたいことは、物語にないキノコがかごの中にえがかれていることである。お料理の好きな野ねずみというイメージが、このキノコにもあらわれている。子どもの中には、言葉に出しては言わなくても、こういう細部をちゃんと認めて、自らの中のイメージを豊かにふくらましている子どもが必ずいるものである。そして子どものこのような鋭い目と同質のものを大人が身につけてこそ、絵本を読むことができるのだ。

kinoko2009710 001


『ぐりとぐら』を探してみました、もうボロボロでしたがありました、幼い頃憧れた世界はそのまま絵本の中にありました、ああよかった~。