「きのこグッズ」タグアーカイブ

きのこがやってきた

神戸のアンティークブック&アンティークペーパーショップ、Landschap Boek (ランスハップブック 神戸市中央区下山手通4-1-17 丸中ビル2階207 )にて購入しました。お店のオーナーさんがきのこ好きだそうで、ベルギー、オランダで買い付けてこられたそうです。アンティークなだけあって本の間に古い新聞の切り抜きのようなものが挟まれていてこれもまた嬉しい…。遠い時間と海を越えてきのこがやってきました。

↓このビルの2階が Landschap Boek で~す。

大きな地図で見る

村上隆のキノコてぬぐい

てぬぐい きのこ : 村上隆

現代の日本を代表するアーティスト、村上隆のキノコてぬぐいを発見しましたよ。村上隆って何だか苦手でしたが、キノコのてぬぐいを作る人に悪い人はおりませんので、きっと悪い人ではないのですよ。

amazonで買えます。価格は、税込み1,008円。3点在庫あり。ご注文はお早めに。早くしないと私が全部買い占めます。いやマジで。

キノコジップアップ

zippy mushroom

こんばんは。いつもお世話になっております。そのきのこです。

今日は、etsyで素敵なジップアップを発見いたしました。カナダはオンタリオ州のsarahappleさんの出品です。このジップアップは、 American ApparelCalifornia Fleece Track Jacket にsarahappleさんがキノコをプリントして販売されているものです。

余談ですが、この American Apparel というアパレルメーカー、経営哲学が素敵なんです。Excite Newsから少し長いですが引用します。

最近のアメリカ製造業の殆どは海外へのアウトソーシングで成り立っている(日本も同様でしょう)。衣料の97%は外国製で、アメリカ製だと思って買ったものでもタグを見ると「Made in China」というのが常である今日、Made in Downtown LA というのを引っさげて登場したのがアメリカンアパレル。

ロスアンジェルス製品というだけではなく、ロスのダウンタウンに工場からカスタマーサービス、デザイン事務所、写真撮影まで一つ屋根の下で賄われているという、米国内では珍しい体制の会社である。

この会社がアピールしているのは「スウェットショップ」を廃止しよう、ということ。スウェットショップとは、アメリカ国外にある「低賃金、暴力や言葉による虐待、過酷な懲罰、エアコンなし、飲料水も足りない」といった劣悪な労働環境にある衣料工場という意味。そういった搾取される工場をなくしていこうという理念の元に会社が運営されているのだ。

なんだそうです。グロバリゼーションの負の側面として指摘される富の偏重、貿易不均衡、格差、途上国の搾取工場といった問題に、「LAで服を作って売る」という極めて具体的な行動を通して一つの答えを提案する熱いメーカーなんです。

話がそれました。そんなアメリカンアパレルのジップアップにキノコがプリントされているわけですが、デザインが秀逸です。胴回りにキノコがぐるっと生えているんです。キノコがぐるっと生えている、そう菌輪です。つまり、このジャケットを着た人は、妖精の輪の中で一日を過ごすことができるわけです。何なら妖精になれるかもしれません。すばらしいですね。$65です。