sonokinoko のすべての投稿

きのこ会議

青空文庫で見つけました。「夢Q」こと夢野久作のきのこ会議です。

きのこ会議 夢野久作

初茸、松茸、椎茸、木くらげ、白茸、鴈(がん)茸、ぬめり茸、霜降り茸、獅子茸、鼠茸、皮剥ぎ茸、米松露、麦松露なぞいうきのこ連中がある夜集まって、談話会を始めました。一番初めに、初茸が立ち上って挨拶をしました。
「皆さん。この頃はだんだん寒くなりましたので、そろそろ私共は土の中へ引き込まねばならぬようになりました。今夜はお別れの宴会ですから、皆さんは何でも思う存分に演説をして下さい。私が書いて新聞に出しますから」
皆がパチパチと手をたたくと、お次に椎茸が立ち上りました。
「皆さん、私は椎茸というものです。この頃人間は私を大変に重宝がって、わざわざ木を腐らして私共の畑を作ってくれますから、私共はだんだん大きな立派な子孫が殖えて行くばかりです。今にどんな茸でも人間が畠を作ってくれるようになって貰いたいと思います」
皆は大賛成で手をたたきました。その次に松茸がエヘンと咳払いをして演説をしました。
「皆さん、私共のつとめは、第一に傘をひろげて種子(たね)を撒き散らして子孫を殖やすこと、その次は人間に食べられることですが、人間は何故だか私共がまだ傘を開かないうちを喜んで持って行ってしまいます。そのくせ椎茸さんのような畠も作ってくれません。こんな風だと今に私共は種子を撒く事が出来ず、子孫を根絶やしにされねばなりません。人間は何故この理屈がわからないかと思うと、残念でたまりません」
と涙を流して申しますと、皆も口々に、
「そうだ、そうだ」
と同情をしました。
するとこの時皆のうしろからケラケラと笑うものがあります。見るとそれは蠅取り茸、紅茸、草鞋茸、馬糞茸、狐の火ともし、狐の茶袋なぞいう毒茸の連中でした。
その大勢の毒茸の中でも一番大きい蠅取り茸は大勢の真中に立ち上って、
「お前達は皆馬鹿だ。世の中の役に立つからそんなに取られてしまうのだ。役にさえ立たなければいじめられはしないのだ。自分の仲間だけ繁昌すればそれでいいではないか。俺達を見ろ。役に立つ処でなく世間の毒になるのだ。蠅でも何でも片っぱしから殺してしまう。えらい茸は人間さえも毎年毎年殺している位だ。だからすこしも世の中の御厄介にならずに、繁昌して行くのだ。お前達も早く人間の毒になるように勉強しろ」
と大声でわめき立てました。
これを聞いた他の連中は皆理屈に負けて「成る程、毒にさえなればこわい事はない」と思う者さえありました。
そのうちに夜があけて茸狩りの人が来たようですから、皆は本当に毒茸のいう通り毒があるがよいか、ないがよいか、試験してみる事にしてわかれました。
茸狩りに来たのは、どこかのお父さんとお母さんと姉さんと坊ちゃんでしたが、ここへ来ると皆大喜びで、
「もはやこんなに茸はあるまいと思っていたが、いろいろの茸がずいぶん沢山ある」
「あれ、お前のようにむやみに取っては駄目よ。こわさないように大切に取らなくては」
「小さな茸は残してお置きよ。かわいそうだから」
「ヤアあすこにも。ホラここにも」
と大変な騒ぎです。
そのうちにお父さんは気が付いて、
「オイオイみんな気を付けろ。ここに毒茸が固まって生えているぞ。よくおぼえておけ。こんなのはみんな毒茸だ。取って食べたら死んでしまうぞ」
とおっしゃいました。茸共は、成る程毒茸はえらいものだと思いました。毒茸も「それ見ろ」と威張っておりました。
処が、あらかた茸を取ってしまってお父さんが、
「さあ行こう」
と言われますと、姉さんと坊ちゃんが立ち止まって、
「まあ、毒茸はみんな憎らしい恰好をしている事ねえ」
「ウン、僕が征伐してやろう」
といううちに、片っ端から毒茸共は大きいのも小さいのも根本まで木っ葉微塵に踏み潰されてしまいました。

底本:「夢野久作全集7」三一書房
1970(昭和45)年1月31日第1版第1刷発行
1992(平成4)年2月29日第1版第12刷発行
初出:「九州日報」
1922(大正11)年12月4日
入力:川山隆
校正:土屋隆

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

キノコたちの顔が思い浮かんでにんまりしてしまいます。

菌輪

菌輪ってご存知ですか?

菌輪(きんりん)とは、キノコが地面に輪や弧をなして発生する現象、あるいはその輪自体のことである。菌環とも呼ばれる。英語では “fairy ring”、”fairy circle”、”elf circle”、”pixie ring” など「妖精の輪」と表現される。菌輪は直径10m以上にもなり、構成している菌類が生育し続ける限り安定である。特に大きな菌輪では直径800m、菌体の総重量は100t、菌輪としての年齢は700才にも達した例がフランスで報告されている。菌輪は主に森林に見られるが、草原や牧草地にも発生する。(菌輪 – wikipediaより)

なんて不思議な生き物なんでしょうか。今日は菌輪の写真を3枚ご紹介です。

faerie circle 002

Giant 'Fairy Circle' of toadstools.jpg

写真は、上がgentlemanrookさんの撮影で、他の写真の撮影場所からおそらくアメリカの南部、ルイジアナ州あたりではないかと思われます。真ん中が、イギリスのTony Margiocchiさん撮影で写っているのは娘さんだそうです。下が、禅がお好きなコンピュータプログラマーのA. Jesse Jiryu Davisさん撮影、ニューヨークのブルックリン橋のたもとでの一枚だそうです。

クルテクとキノコ

ゴールデンウィークももう最終日。みなさまいかがお過ごしでしょうか?

そのきのこはご多分にもれずキノコ狩り(ウェブ上で)を楽しんでいるわけですが、異国情緒漂う素敵なアニメを発見しました。

…これはどこの言葉なんでしょうか?英語ではない、ドイツ語、フランス語、イタリア語ともなんだか違う…。調べてみるとこれ、クルテクというチェコのアニメみたいです。ただ、このYouTubeの動画は、コメント欄を見てみるとポーランド語バージョンなのかもしれません。まあ、私にとっては、チェコ語もポーランド語も全く理解できないという点で同じようなものですが。言葉はさっぱり分かりませんが、ストーリーは何となく分かるので是非ゆっくりと見てみてください。とてもかわいらしいお話です。

wikipediaによると、

『クルテク〜もぐらくんと森の仲間たち〜』は、チェコのアニメ作品。著者はズデネック・ミレル(Zdeněk Miler) 。1957年に製作が開始され、チェコでは国民的なキャラクターである。

なんだそうです。クルテク公式ホームページなんてのもありました。
amazonでは、クルテクとズデネック・ミレルの世界 DVD-BOX (完全生産限定版)なんてものまでありました。

クルテクとズデネック・ミレルの世界 DVD-BOX

でも、この一話のために20000円ボックスセットはちょっとな…。

Psilocybe Cubensis Time lapse

このスクスク育っているキノコ、Psilocybe Cubensis (シロシベ・クベンシス)です。「シロシベ」というのは、シビレタケ属の意味ですが、その名の通りシビれる動画です。

マジックマッシュルームとして有名なキノコですが、日本では2002年に麻薬原料植物に指定され、輸出入したり譲渡したり所持したりすると違法です。野山で見つけても採集しないか、もしくは誰にも見つからないように採集しないといけません。