ボローニャ街歩きのこ 街の精神

1945年ボローニャの人たちは、当時、街を支配し占領していたナチスドイツ軍とイタリアファシスト軍に対して、何度もデモを行いストライキを打ち、やがて彼らと戦って、自力で街を開放しました。

写真が小さいのですが窓の両脇にボローニャの街を守った人の顔写真と名前が残されています。街の中央のマッジョーレ広場にイタリア国旗と共に掲げられています。